「電子書籍に一度慣れてしまうと、紙の本の見開きページが不便に感じてしまう」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】日本国内でも電子書籍ユーザーが増え「もう紙の本には戻れない」と発言するネットユーザーが増えているが、どうもそれは電子書籍の機能性にあるようだ。その件について、米国の電子書籍ニュースサイト「Digital Book World」に、Candide Kirkというライターが投稿している。

 すでにヘビーな電子書籍ユーザーとなっているKirk氏は2年ぶりに紙書籍を読む機会があり、見開きページに違和感を感じたとのこと。「90年代の携帯電話を渡されたような感覚」を覚えたKirk氏は結局4章までしか読む進むことができず、電子書籍版を購入したという。

 Kirk氏曰く、電子書籍業界で起こっている細々とした技術革新も、確実に実を結んでいるとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Digital Book Worldの記事( http://www.digitalbookworld.com/2015/changing-reader-habits-in-a-digital-world/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。