米労働省が調査、平均的な米国人の読書予算、紙書籍と電子書籍がほぼ同じであることが判明

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国労働省(本部:米国ワシントンD.C.)は先月末、2013年度の米国人の読書予算・業界就業動向に関する調査結果を発表した。

 同省によると、一般的な米国人の読書予算の配分は、紙書籍と電子書籍が年約30ドル前後と拮抗しており、電子書籍の購入額ではとくに35〜44歳層が突出しているとのこと。また、グラフをよく見ると、54歳以下の層では総じて紙媒体が劣勢にあることがわかる。

 さらに、出版業界の就業人口についても、出版社・書店とも減少トレンドが続いていることも明らかにされている。【hon.jp】

問合せ先:米労働省の発表( http://www.bls.gov/opub/ted/2014/ted_20140926.htm

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: