米Simon & Schuster作家による電子書籍「出版契約書」訴訟、訴訟相手をWiley社に変更

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Publishers Weeklyによると、電子書籍の出版契約書および作家ロイヤリティをめぐり、米CBS傘下の大手出版社Simon & Schuster社(本社:米国ニューヨーク州)が今年5月に作家陣に訴えられていた件について、作家側が訴訟相手を変更する模様。

 この訴訟は、ニューヨーク州最高裁にクラスアクション提訴されたもので、争点となっているのは1997年当時の出版契約書における電子化について解釈。訴えていたのは作家Sheldon Blau氏で、電子書籍はそもそも販売商品ではなくライセンス商品なので、音楽業界同等に25%ではなく50%が本来の相場であるとし、過去分のロイヤリティ不払いを訴えていた。

 しかし、Simon & Schuster側が翌年1998年に担当編集部をJohn Wiley & Sons社(本社:米国ニュージャージー州)に営業譲渡し、電子化にも一切関わっていないと主張。Blau氏側の弁護団はいったん訴訟を取り下げ、訴訟相手の変更に入る模様。【hon.jp】

問合せ先:Publishers Weeklyの記事( http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/digital/content-and-e-books/article/71143-author-drops-e-book-royalty-suit-against-s-s.html

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ