中国Lenovo、”折り曲がる”OLEDディスプレイ搭載タブレットをデモ実演

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】現地によると、韓国サムスン電子(本社:韓国・ソウル市)に続き、中国レノボ(本社:中国北京市)も”折り曲がる”OLEDディスプレイを搭載したスマートフォン/タブレットを開発中であることを明らかにし、実際にコンセプトデモ機もプレス向けに実演したとのこと。

 OLEDディスプレイは電子ペーパー同様、プラスチック基盤技術にからむ耐久性の関係で、SF映画に出てくるような繰り返し折り曲げられる製品はまだ実現されていない。今週、Bloomberg伝でサムスン電子がその問題をクリアし、「Project Valley」というコードネームで来年発売を計画していることが明らかになったばかり。

 レノボ社はサムスン社に先行して実演デモも行なった模様で、折りたたむとスマートフォンとしても使える独自のハードウェア・コンセプトを模索している模様。ただし、発売時期については未定とし、価格も一般的な製品よりも”高め”になるだろうとしている。【hon.jp】

問合せ先:米Mashable.comの記事( http://mashable.com/2016/06/09/lenovo-flexible-bendable/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事