株式会社まちおこし、米国市場向けに広告漫画制作サービスを提供へ

《この記事は約 1 分で読めます》

 株式会社まちおこし(本社:滋賀県守山市)は1月9日、日本漫画テイストの広告用コンテンツを制作する米国向けサービス「buzzmanga」の提供を開始した。

 buzzmangaとは、米国のクライアントに向け日本の漫画家を起用し広告漫画を製作するサービス。日本の漫画は世界中にファンがおり、それらのニーズ、市場を取り込む第一歩の取り組みとして、英語圏に向けた展開をする試み。まちおこしでは2006年10月より、読み切りの漫画作品の中に広告を織り込む広告制作サービス「広告物語。」の提供を開始しており、buzzmangaはその米国向け版となる。

 漫画自体が、従来のような数コマの「広告のためのマンガ」ではなく、話の流れ・ストーリー性に重点を置くなど、読者の感情移入を優先した作りになっているのが特徴。日本においては企画料15万円、制作料1ページあたり5万円で提供している。

【関連サイト】
本件に関する株式会社まちおこしのプレスリリース
http://www.okosu.jp/press.php#070109

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。