Apple社とGoogle社、一定条件下でサブスクリプション課金の料率を30%→15%に引き下げへ

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)とGoogle社(同)がそれぞれ、月額定額制の課金システムを使っているアプリなどを対象に、課金代行システムの料率を30%→15%に下げることを決定した。

 この料率引き下げは昨年夏頃から検討されていたもので、もともとはApple社によるサブスクリプション制音楽サービスへの参入時から報道されていたもの。Apple側は、来週開催される同社主催のiOS/Mac開発者カンファレンス「WWDC」で、詳細を発表する予定だが、現地報道では、1年以上のサブスクリプション継続歴があるユーザーのみを対象とする模様。一方のGoogle側も、詳細および実施日は近日明らかにする予定だ。【hon.jp】

問合せ先:現地報道( http://www.recode.net/2016/6/8/11889298/google-apple-subscription-app-revenue-share

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事