タイプライター+電子ペーパーを組み合わせた英文ワープロ機「FreeWrite」、正式発売

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】2年前に米国のクラウドファンディングサイト「Kickstarter.com」で資金募集を果たしたタイプライター+電子ペーパーを組み合わせた英文(注: 設定画面で日本語もサポートされているとのことだが、詳細不明)ワープロ専用機「FreeWrite(プロジェクト名称:Hemingwrite)」が、ついに販売開始された。

 同機は、70年代の本格的タイプライターを再現するために制作されたワープロ専用機で、紙の代わりに、電子ペーパー上に文字が表示されていくという単純なもの。ドイツ製キーボードを採用し、執筆に専念させるため、編集機能等は一切提供しないが、入力した文書はクラウド側と同期されるので、編集作業はすべてPC側で行なえる。

 初日のみ価格は449ドル(約5万円)で、翌日からは549ドル(約6.1万円)。【hon.jp】

問合せ先:FreeWrite販売サイト( https://store.getfreewrite.com/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ