フランス議会で電子出版促進に関する法案が今月から審議開始、出版社団体SNEが警戒

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】フランスの電子出版ニュースサイト「ID BOOX」によると、フランスの出版社団体Syndicat National de l’Edition(本部:フランス・パリ市、以後:SNE)が、今月末にフランス議会で審議が始まる電子出版促進法案(Le projet de loi numerique)について警戒の念を明らかにしたとのこと。

 この電子出版促進法案は、現政権の経済産業省とデジタル担当大臣Axelle Lemaire氏によって先月提出されたもので、1)学術出版物のOpenData化推進、2)電子作家へのロイヤリティ支払いについて規律化、3)新ビジネスモデル誕生の推進、など多数の項目にわたる内容。この件について、SNE代表のVincent Montagne会長は年初の会合で「著作権法の危機だ」と警戒していることを明らかにしている。【hon.jp】

問合せ先:ID BOOXの記事( http://www.idboox.com/economie-du-livre/voeux-du-sne-2016-ebook-droit-dauteur-accessibilite-tva/

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ