FedExが配送コードでミス、電子書籍端末「Kindle」を注文した英国客に、がん細胞の検体が届く

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英Independent紙によると、英国のJames Pottenという人物がAmazon社の電子書籍端末「Kindle」を注文したところ、がん細胞の検体が届いたとのこと。

 記事によると、これは発送を担当した米国FedEx側のミスで、Kindleの配送コードとがん細胞(英国の市民病院へ届けられるはずだった)の配送コードが酷似していたことが原因とのこと。Potten氏はFedEx社からの回収連絡を待っており、「私のKindleはどこへ行ったのだろう」とBBCのインタビューに答えている。【hon.jp】

問合せ先:英Independentの記事( http://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/bristol-man-orders-kindle-ebook-reader-but-receives-tumour-sample-instead-a6805301.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ