米Adobe、Webミーティング機能に対応した「Adobe Acrobat 8.0」を発表

《この記事は約 2 分で読めます》

 米Adobe Systems社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の9月18日、同社のPDFビューワ/作成ソフトの新バージョンとなる「Adobe Acrobat 8.0」を発表した。

 このAcrobat 8.0シリーズでは、同日新発表された同社のWebミーティングソフト「Adobe Acrobat Connect」シリーズとの連携機能が新しく追加されており、ユーザーはPDF回覧時に、ワンタッチで同僚や仲間とミーティングなどを行いながら内容の校正作業などが行なうことができる。製品パッケージ(英語版)は従来どおりWindowsユーザー向けのStandard版、WIndows/Macユーザー向けのProfessional版として11月から発売が予定されており、日本語版も追従する模様。

 なお、同社が配布する無償PDFビューワソフトの「Adobe Reader」も今回のバージョンアップに伴い、Version 8.0となる。

【関連サイト】
米Adobe Systems社の本件に関するプレスリリース(英文)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: