出版デジタル機構、POD書店への電子書籍データ取次サービスを開始

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子書籍取次会社の株式会社出版デジタル機構(本社:東京都千代田区)は5月20日、プリントオンデマンド(以後:POD)製本サービスを行なっている書店向けに、電子書籍データを取次ぐサービスを開始したことを発表した。

 同社は出版物のデジタルデータの保管、各電子書店・電子取次への配信業務、図書館に対する窓口機能等の業務を行なうため、出版社10数社・印刷会社2社・官民投資ファンド1社が株主となって2012年に設立されたベンチャー。

 この新サービスにより、まずAmazon社と三省堂書店のPODサービスで、公益法人日本交通公社の書籍データを納品し、読者がPOD版を購入できるのこと。【hon.jp】

問合せ先:出版デジタル機構のプレスリリース( http://www.pubridge.jp/wp/wp-content/uploads/2015/05/20150520_pubridge_press-release_013.pdf

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事