米国の経済学者「海賊版の摘発で電子書籍は15%の売上増」「無料版が当たり前になると状況は変わる」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米North Eastern大学の経済学者Imke Reimers氏が、電子書籍の売上と海賊版摘発の関係性に関する論文を発表した。

 この論文の題名は「The Effect of Piracy Protection in Book Publishing」で、海賊版の摘発以前と以後で電子書籍の売上に差があるかどうか検証したもの。実験に参加した出版社はRosettaBooks社で、データ計測に協力したのは電子透かしベンダーのDigimarc社。

 論文によると、紙書籍などではまったく効力はなかったが、電子書籍に限り、海賊版摘発の後に売上増が確認できたとのこと。その一方で、Reimers氏は、無料版などの台頭によって、今後この数字が今後大きく変わる可能性も指摘している。【hon.jp】

問合せ先:Reimers氏の論文( http://www.econ.umn.edu/~reime062/research/piracy_paper.pdf ※要:PDF形式)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: