【開発者向け】米Google、Android OS 4.4“Kitkat”からWebView APIをChromiumベースに

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Google社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間11月1日、先週日本でも注文受け付けを開始したスマートフォン「Nexus 5」に搭載されている新Android OS 4.4(コード名:Kitkat)に関連し、アプリ開発者向けにいくつかの情報を発信開始した。

 とくに電子書籍ビューワ関係者にとって大きいのは、AndroidのブラウザAPIであるWebViewが、Google Chromeブラウザと同じChromium Projectベースに移行したこと。基本的には同じWebkitベースのブラウザエンジンではあるが、Android 4.3以前のWebViewではできなかったChrome同等の高度な表現ができるようになるとのこと。

 同社では既存開発者向けの移行ガイドなども掲載している。【hon.jp】

問合せ先:Google社のChromiumブログ記事( http://blog.chromium.org/2013/11/introducing-chromium-powered-android.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: