Linux PCとデジカメ×2台で書籍スキャンシステムを自作、「spreads」がGitHub上でオープンソース公開

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Linuxマシン1台と一般的な家庭用デジカメ×2台で、書籍スキャン・ワークフローを構築できるPythonスクリプト「spreads」がGitHub上で公開された。

 spreadsは見開き形式での書籍スキャンを連続的に行なうためのもの。カメラ制御や画像ファイル回転・メタデータ操作などを一括で行なうためのスクリプト群で、やはりオープンスソースのImageMagickやScan Tailor(Google Book Searchの現場などでも利用された)とフル連携することで、プロ並みのワークフロー環境を実現する。【hon.jp】

問合せ先:spreadsの概要ページ( http://spreads.readthedocs.org/en/latest/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: