ギーク達が注目、Linux/HTML5系の新型スマートフォンOS「Tizen」、Androidアプリも動作可能に

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】スマートフォン向けOSといえば、iOS/Android、場合によってはWindowsPhoneを連想する国内ユーザーが大半だが、ここにきて“第4のOS”として「Tizen」がにわかにギークたちの注目を浴び始めている。

 Tizenは韓国Samsungが中心となって開発が進められているLinuxベースのオープンソースOSで、最大のウリは、1)完全オープンソースであるためメーカー各社による独自改造が自由、2)HTML5/CSS/Javascriptだけでアプリ開発が行なえること。先月、OS Version 1.0のSDKとエミュレータが公開され、年内にもSamsung製スマートフォンで搭載開始される予定となっている。

 Linux系ユーザーを中心に開発コミュニティが賑やかになりつつあり、Androidアプリをエミュレーション動作させるサードパーティ製ソリューションなどもすでにデモされている。【hon.jp】

問合せ先:The Handheld BlogのAndroidアプリ動作実験記事( http://thehandheldblog.com/2012/05/10/running-android-apps-on-tizen/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。