インドの研究者が形状記憶合金を使った“点字”電子書籍端末を発明、数年以内に商品化を目指す

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子書籍ニュースサイト「eBookanoid」によると、インドで形状記憶合金を使った“点字”電子書籍端末の発明が成功したとのこと。

 記事によると、発明者はSumit Dagar氏で3年前に視覚障碍者だけがスマートフォンを使っていないことに気づき、それ以降ずっと試作ハードウェアの開発に日々を費やしてきたとのこと。そして最近ようやく基本動作に成功し、商品化に向けインドの大手ベンチャーファンドとパートナー探しに入ったという。

 うまくいけば、数年以内にも実物が市場に出てくるかもしれない。【hon.jp】

問合せ先:eBookanoidの記事( http://www.ebookanoid.com/2013/05/08/braille-ereaders-about-to-happen/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。