韓国の書店チェーン最大手・教保文庫、電子書籍の定額制サービス「sam」を開始 、出版界は猛反発

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】韓国の英字新聞「The Korea Herald」サイトによると、韓国の書店チェーン最大手Kyobo Book Center(教保文庫、本社:韓国ソウル市)が現地時間2月21日、電子書籍の月定額サービス「sam」および専用のAndroid搭載の電子ペーパー型端末(同名)の販売をスタートした模様。

 教保文庫は2009年に電子書籍の販売に初参入し、2011年からは複数メーカーの電子書籍端末に展開するなど事業を積極化。samサービスは年間会員制のサービスで、月額15,000ウォン(約1,300円)で最大5冊の枠内まで並行レンタルできるなど複数種類のプランが選べる。

 この新サービスに対し、現地の出版社団体KPAは即座に中止するよう猛反発しているとのこと。【hon.jp】

問合せ先:The Korea Heraldサイトの記事( http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20130222000776

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告