米Amazon、インド国内で電子書籍端末「Kindle」シリーズを販売開始、個人出版サービスも同時スタート

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、Amazon社(本社:米国ワシントン州)は8月22日、インド国内で電子書籍端末「Kindle」シリーズを販売開始した模様。

 記事によると、ハードウェア自体は現地の家電量販チェーン大手「Croma」の店頭でも販売され、インド版Kindle Storeサイトもすでにオープンしている。スタート当初の作品の大半は英語作品となっているが、個人電子書籍出版サービス「Kindle Direct Publishing」も同時スタートしており、ヒンディ語・デーヴァナーガリー語・ベンガル語などの表示にもある程度対応しているため、個人作家作費を中心に現地作品を今後増やしていきたい模様だ。

 なお、インドでの英語書籍出版はもともと、英・米両国の大手出版社で現在も慣習として残っているカルテル協定(The British Publishers’ Traditional Market Agreement)により、英国資本が牛耳っていたが、そこに米国資本のAmazon社が突然参入したことで、様相が一変しそうだ。【hon.jp】

問合せ先:現地The Hindu紙の記事( http://www.thehindu.com/business/companies/article3808410.ece

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: