欧米圏の電子書籍界で女性向け官能小説が上位を独占、それに抗議するクラウドソース製のパロディ作品も話題に

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】ここ数ヶ月ほど、欧米圏の電子書籍ランキングで上位を独占している女性向け官能小説「Fifty Shades of Grey」(著:E L James)。最近ではペーパーバック版も発売され、Harry Potterシリーズのスピード販売記録を突破するほどの大ヒット作で、ここにきてそのパロディ作品までネットで話題になっている。

 「Fifty Shades of Grey」はオーストラリアの電子書籍作家が昨年に発売し、英語圏の女性読者たちの間で大人気となっている官能小説。しかし、もともとは別の有名作品「Twilight」のファン・フィクション作品であったため、「単なるパクリではないか」という声もあり、何かと批判の多いベストセラーになっている。そして今回、同作品への抗議として、多数のコメディアンや女性ブロガーたちがパロディ小説「The Diamond Club」を電子書籍で発売。

 The Diamond Club自体、無茶苦茶なストーリー設定でとりあえずエロシーンを満載することだけをテーマに書かれたクラウドソース小説だが、すでにApple社やAmazon社の電子書籍ランキングの上位ランキングで急浮上している。【hon.jp】

問合せ先:米mediabistro.comの報道( http://www.mediabistro.com/appnewser/25176_b25176

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ