元AppleエヴァンジェリストのGuy Kawasaki氏、電子書籍作家になるための心得をWeb上で連載開始

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Macユーザーにはお馴染みの元Apple社エヴァンジェリストのGuy Kawasaki氏が、米国の書評雑誌「Kirkus Reviews」サイトで電子書籍作家になるための入門連載を開始した。

 Guy Kawasaki氏は業界でも有名な“Apple通”であるが、個人的にはベンチャーファンドを立ち上げるなど、プレゼン術やビジネスコンサルタント面での造形も深い。今回、同サイトでスタートしたのは「Guy Kawasaki: The Doctrine of Self Publishing」という無料連載で、すでに公開された第1回目では現在の出版業界の限界と「3D(Democratization/Disintermediation/Determination)」という必須キーワードを展開している。

 なお、本連載の内容をベースに、Kawasaki氏は今秋に「APE: Author, Publisher, and Entrepreneur」という電子書籍も個人出版する予定だ。【hon.jp】

問合せ先:「Kirkus Reviews」サイトのGuy Kawasaki氏の連載ページ( https://www.kirkusreviews.com/blog/writing-and-publishing/guy-kawasaki-doctrine-self-publishing/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告