付録は中国渡航者向けSIMカード、兼松コミュニケーションズがガイド本「T-SIM BOOK」を2,980円で発売

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】兼松コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都新宿区)は6月20日、中国渡航者向けのガイド本「T-SIM BOOK」をTSUTAYA成田空港店などで販売開始した。

 「T-SIM BOOK」は、中国渡航者が到着日から使用することが可能なプリペイド携帯電話向けSIMカードで、国際ローミングに比べて通信料も安く、日本語対応のサービスとのこと。今回発売されたのは、「香港版」「上海版」「北京・大連」版で、それぞれ通常SIM版とmicro SIM版を選択する必要がある。主にNTTドコモから2011年4月以降に発売されているSIMロック端末が利用可能。

 冊子のほうも、SIMカード設定マニュアル、基本渡航マニュアル、現地の通信事情やマップなど現地情報を掲載した一冊となっている。【hon.jp】

問合せ先:兼松コミュニケーションズのプレスリリース( http://www.kcs.ne.jp/release/r120620.html

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連記事&広告