キヤノンITソリューションズ、DTPソフト「EDICOLOR」でEPUB 3.0形式の電子書籍ファイル出力に対応

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】キヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区)は5月22日、同社が販売するDTPソフト「EDICOLOR」の最新バージョン「EDICOLOR 10」を発表した。

 EDICOLORは、もともと住友金属工業が販売していたWindows/Mac用日本語DTPソフトで、Adobe InDesignやQuarkXPressよりも高度な日本語組版が実現できる事で有名。今回発表された新バージョンではEPUB 3.0形式の電子書籍ファイル出力に対応し、紙出版物と電子書籍も同時制作できるようになった。

 なお、同社では新バージョン発売記念キャンペーンとして、9月30日まで18,000円(税別)の特別価格で提供する。【hon.jp】

問合せ先:DTPソフト「EDICOLOR」の製品概要ページ( http://www.canon-its.co.jp/company/news/20120522ec.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /