中国上海果売電子、低価格の電子書籍端末「Bambook」シリーズが好調でスマートフォンも追加投入

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、電子書籍端末「Bambook」シリーズ製造元である上海果売電子有限公司(本社:中国・上海市)がスマートフォン市場にも本格参入するとのこと。

 5月1日に発売が予定されているのは「Bambook Phone」という名称のAndroid 2.x搭載スマートフォンで、同社としては初参入となる。上海果売電子は、昨年あたりから電子書籍端末シリーズを実質6,000〜7,000円前後にまで下げることでシェア拡大を続けており、経営不調が続くライバルHanvon社を猛追中。中国ECサイト最大手「Taobao.com」の販売実績データでも同社製品が上位を占めている模様で、その勢いに乗ってスマートフォン投入を決めたようだ。【hon.jp】

問合せ先:現地ITニュースサイトの報道( http://www.techweb.com.cn/tele/2012-04-18/1180302.shtml

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事&広告