電子書籍の意外なメリット? 「何の本を読んでいるか、周りの人には判らない」

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイトTeleread.comが、いかにも欧米圏らしい、電子書籍のメリットについて記事を書いている。

 記事は英Telegraph紙のブログ記事に関するもので、電子書籍端末には表紙がないため、周りの人に自分が何の作品を読んでいるのか、ほとんど気づかれないという内容。ペーパーバック書が主流の欧米では、日本のように書店員が本にカバー紙をかけてくれないのが当たり前なので、電車の中や職場などで自分が何を読んでいるのか周りの人にすぐバレてしまうというご事情がある。しかし、電子書籍端末であれば、そのような心配がなく、公衆の面前でも堂々とアダルト小説が読めるという。

 日本でも、それに近い理由でBL・TL作品がケータイコミック界を牽引したという経緯がある。一見するとくだらない話にも思えるが、よくよく考えてみると、電子書籍業界にとってはきわめて重要なセールスポイントかもしれない。【hon.jp】

問合せ先:Teleread.comの記事( http://www.teleread.com/ebooks/e-books-lack-of-cover-could-end-intellectual-snobbery-of-reading-in-public/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ