『最凶災厄の冒険者は一度死んでから人助けに奔走する』水辺野かわせみ/TOブックス/2月10日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『最凶災厄の冒険者は一度死んでから人助けに奔走する』表紙
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 想い人の手がかりを探す旅に出たお人よし主人公のチート勧善懲悪ファンタジー!

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

最凶災厄の冒険者は一度死んでから人助けに奔走する

水辺野かわせみ/TOブックス

内容紹介

最凶災厄の冒険者は一度死んでから人助けに奔走する

【あらすじ】

 異世界転移した高校生の明日見僚は強面だけど根っからのお人よし。王国を救うため勇者たちと共に訓練に励むものの、「災厄をもたらす者」として抹殺された……はずだが、ギフト「生々流転」でスキルも能力も全く別人となって再生!

 王家の子女が野党に襲われているところを見かけるや、命をかけて救出。たとえ知らない人だとしても、困ってる人は助けたい! それが僚の信念なのだ。無意識に人を気遣い助ける僚の行為が、一緒に異世界転移してきた女子高生や王女、女騎士などの心を次々と射止める。

 一方で僚は、彼女たちにかつて日本で暮らしていた頃に病死した幼馴染の面影を見出す。もしや彼女たちは初恋の幼馴染の生まれ変わりなのか!?

出版社からの備考・コメント

※校了前の為、イラストラフとなります。

おすすめコメント

「「この男、天然たらしすぎる!」」

 強面だけど華麗に女心を射止めるお人よし主人公のチート勧善懲悪ファンタジー!

【作品PR】

■ 強面だけどまっすぐで天然たらしの主人公は好感度高!
■ 散りばめられた伏線、意外性のある展開など、練られたストーリーは読み応えあり!
■ タイプの異なる複数のヒロインとの軽妙なやり取りにドキドキ、ラブコメ要素も満載!

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784864729208
本体価格:¥1,272 (JPY)
ジャンル:ラノベ
刊行日:2020/02/10

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/180188

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About HON.jp News Blog編集部 662 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

関連記事&広告