『ママ』神津凛子/講談社/1月6日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

『ママ』表紙
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 42歳。シングルマザー。拉致。監禁。おまえの「罪」を、思い出せ。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

ママ

神津凛子/講談社

内容紹介

ママ ぜんぶ、ぜーんぶ「ママ」のせい。

 「わたし」は、事故で彼を失った直後に妊娠していたことを知り、女手一つで娘のひかりを育ててきた。娘を保育園に預け、スーパーで総菜作りを続ける日々。身寄りも、貯金もない。生活はちっとも楽にはならない。けれど、わたしは幸せだった。ひかりの成長、ひかりの笑顔、ひかりの温もり。わたしたちは、たった二人で精いっぱい生きていた。

 あの忌まわしき瞬間までは。

 突如壊される平穏。謎めいた男による拉致、監禁。 恐怖と苦痛の果てに告げられる、信じがたい絶望――。

 『スイート・マイホーム』で出版界を戦慄させた著者による、 世にもおぞましい「オゾミス」最新作。

出版社からの備考・コメント

 校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますがご了承ください。

※発売前の作品のため、ネタバレのレビュー投稿は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

 デビュー作『スイート・マイホーム』が、刊行直後に新人としては異例の重版がかかるなど、「怖すぎる!」と話題を集めた神津凛子さんの第二作です。

 世にもおぞましい「オゾミス」と銘打った前作同様、本作も不気味な描写がてんこもりですが、3人のお子さんを持つ神津さんが思う「母親とは何か」という問いが作品には込められているように思います。ぜひご一読ください。

――担当編集者より

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784065176955
本体価格:¥1,500 (JPY)
ジャンル:文芸小説 , ミステリー/サスペンス
刊行日:2020/01/06

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/180575

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About HON.jp News Blog編集部 662 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / /

関連記事&広告