「個人向けクラウドMP3再生サービスは著作権法上問題なし」米裁判所が音楽レーベル側の主張を却下

《この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です》

【編集部記事】現地報道によると、米国のニューヨーク連邦地方裁判所は現地時間の8月22日、Amazon社やGoogle社などが次々と参入している個人向けクラウド音楽再生・ストレージサービスについて、合法であるとの判断を下した。

 この裁判は、個人が保有するMP3ファイルをクラウド上で代行保管・再生する「MP3tunes」サイトに対し、音楽レーベル大手が著作権法違反であると主張していたもの。注目されるのは、裁判所側が「まったく同じファイルであれば、業者側がファイル提供してもよい」などとしている部分。

 この判断により、米国内では電子書籍分野でも今後多くのITベンダーが似たようなサービスを立ち上げてくるものと予想される。【hon.jp】

問合せ先:米Wiredの記事( http://www.wired.com/epicenter/2011/08/cloudmusic-is-not-a-crime/

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7901 Articles
2018年3月31日で解散した株式会社hon.jpの、当時のスタッフによる記事アーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」は2018年10月1日より、「HON.jp News Blog」へ名称変更・リニューアルしています。