楽天Kobo、7型防水見開き表示可能な電子ペーパー端末「Kobo Libra H2O」の予約受付開始 ~ 販売開始は9月18日から

Kobo Libra H2O
Kobo Libra H2O
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 楽天グループの Rakuten Kobo Inc. は9月5日、新型電子ペーパー端末「Kobo Libra H2O(コボ リブラ エイチツーオー)」を発表、予約受付を開始した。7インチ防水で見開き表示可能な電子ペーパーディスプレイを搭載したスタンダードモデルで、国内販売開始は9月18日を予定している。

 最上位モデルの「Kobo Forma」が197g、8インチ、解像度は1920×1440の300ppi、内蔵メモリ32GB、税別3万1800円なのに対し、「Kobo Libra H2O」は192g、7インチ、解像度は1680×1264の300ppi、内蔵メモリは8GB、税別2万2800円となっている。

 白色からオレンジまで調整できるフロントライト、IPX8規格準拠の防水、ページめくり物理ボタン、メモリ拡張ができない点、コミックなど固定レイアウト形式の本は横向き時に2ページが見開きで表示される点などは共通している。また、現行機種では唯一、ホワイトモデルも提供される。
ホワイトモデル
 国内では「楽天Kobo電子書籍ストア」や、家電量販店「ビックカメラ」の店頭とウェブサイト、「ソフマップ・どっちこむ」「コジマネット」「Joshin webショップ」で予約を受け付けている。

参考リンク

「Kobo Libra H2O」製品紹介ページ
https://books.rakuten.co.jp/event/e-book/ereaders/kobolibra/

noteで書く

広告

About 鷹野凌 300 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

コメントする

avatar
1000
タグ: / / /

関連コンテンツ