『縁(ゆかり)』小野寺史宜/講談社/9月17日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley
noteで書く

《この記事は約 3 分で読めます》

 2019年本屋大賞第2位『ひと』(祥伝社)の俊英が描く、傑作群像劇!

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

縁(ゆかり)

小野寺史宜/講談社

内容紹介

縁(ゆかり) 人と人はつながっている。たとえ、どこの誰だか知らなくても。

 地味だからこそ心にしみて、ホッとする。

 疲れたときこそ読んでほしい、あたたかな読後感!

【著者メッセージ】

 『ひと』で人の縁を描いたのだとすれば、『縁』では人の縁の裏を描いたのかな。書き終えた今、そんな気がしています。

———————

■ 霧
「親御さんと、こう、親しすぎるんじゃないかと」
室屋忠仁、38歳。少年サッカークラブでコーチのボランティアをしていたが。

■ 塵
「こんなふうになるからもう無理だってこと」
春日真波、28歳。デート中、鈍い彼氏にきつくあたってしまったら。

■ 針
「おれなら土下座だってしますけどね」
田村洋造、52歳。25歳の息子が女子高生と付き合い、その父親に呼び出されて。

■ 縁
「何とかするよ。百万で、いいかな?」
国崎友恵、52歳。息子の就職の口利きのため、お金が必要に。

出版社からの備考・コメント

 校了前のデータを元に作成しています。刊行時には内容が若干異なる場合がありますが、ご了承ください。

※発売前の作品のため、ネタバレのレビュー投稿は極力お控えいただけますよう、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

おすすめコメント

 今年の本屋大賞で大躍進を果たした小野寺史宜さん、入魂の最新作です。

 「『ひと』が人の縁の表だとすれば、『縁』は人の縁の裏を描きました」と小野寺さんが語る通り、『ひと』と表裏一体のこの作品。

 世の中、「いい」人ばかりではないけれど、「悪い」人ばかりでもない。

 嫌なことがあった後に読んでほしい、まっすぐで爽やかな作品です。読んで損はさせません!

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784065170212
本体価格:¥1,450 (JPY)
ジャンル:文芸小説
刊行日:2019/09/17

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/172792

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

noteで書く

広告

About HON.jp News Blog編集部 398 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

コメントする

avatar
1000
タグ: / / /

関連コンテンツ