米OverDriveが方針転換、図書館向け電子書籍配信プラットフォームで“DRMフリー”を推進へ

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米電子書籍制作大手のOverDrive社(本社:米国オハイオ州)は現地時間6月15日、同社が図書館業務向けに提供している電子書籍配信プラットフォームにおいて、今後“DRMフリー電子書籍”を推進していくことを発表した。

 発表によると、米国の図書館利用者の間では電子書籍への需要が急増中で、同社プラットフォームもそれらに対応するため、大幅な刷新・改良を行なうとのこと。まずは中期目標として、複数フォーマットによる混乱の解消、Kindleとの連携などが予定されており、さらに“DRMフリー電子書籍”も推進していくことに決定したとのこと。

 OverDrive社は図書館業界向けの電子書籍プラットフォーム大手で、どちらかといえばDRM肯定派として有名だったが、今後はそれが一転し、DRMフリーでのサービス提供へ移行していく模様だ。【hon.jp】

問合せ先:米OverDriveのプレスリリース( http://www.overdrive.com/News/getArticle.aspx?newsArticleID=20110615

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事