HON.jp News Blog

米Apple社がiPhone/iPadアプリ開発者向けに“定期購読”課金サービスを発表、電子雑誌・新聞以外のアプリもOK

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の2月15日、大手雑誌社や新聞社が長く切望していたiPhone/iPad上での“定期購読”課金への対応を発表した。

 今回発表されたのはiTunes App Store上の新型のInApp課金サービスで、ここ数ヶ月各種メディアで噂されていたとおり、電子雑誌・電子新聞アプリ上で1週間/1ヶ月/2ヶ月/1四半期/1年/2年単位での定期購読権を購入できるというもの。プレスリリースにおいてApple社のSteve Jobs氏は「条件はただ1つ、アプリ外で定期購読課金を行なう場合は、同条件もしくはより好条件で、アプリ内で新課金サービスが選べるようにすること」と発言しており、最近の報道どおり、アプリ内での課金分については手数料30%をApple社が徴収することになる。

 なお、プレスリリースによると、この新InApp課金サービスは新聞社・雑誌社専用ではなく、音楽・ビデオを含め、他ジャンルのアプリ開発者でも使えるとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:米Apple社のプレスリリース( http://www.apple.com/pr/library/2011/02/15appstore.html

モバイルバージョンを終了