独Springerが自社電子書籍をGoogle eBookstoreで提供開始、AmazonにはEPUBフォーマットで

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】ドイツの科学系出版大手Springer Science+Business Media社(本社:ドイツ・ベルリン市)の現地時間2月14日、米Google社(本社:米国カリフォルニア州)がスキャンした5万2000点以上の書籍とそのPDFファイル版の有償提供を開始した。

 Springer社によると、同社はどの電子書籍端末でも読めることを重視しており、今後、提携各社と協力しながらエンド・ユーザーが利用する個々のデバイスやプラットフォームの利便性向上を目指したいとしている。同社では今後、毎年4,000点の新刊本を追加していく予定。

 なお、Springer社の電子書籍はAmazonでも販売される予定で、原稿自体はEPUBフォーマットでAmazon側に納品する。今後、Barnes & NobleやAppleでも販売を開始する予定。【hon.jp】n

問合せ先:Springer社のニュースリリース( http://www.springer.com/about+springer/media/pressreleases?SGWID=0-11002-6-1089321-0

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / / /