Kindle上で“WikiLeaks関連書”が電子書籍として販売されていることが発覚、サポーター側/反対側の両陣営が激怒

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、Amazon社(本社:米国ワシントン州)が一連のWikiLeaks騒動に再び巻き込まれたようだ。記事等によると、英国版Amazonサイト上で同社の電子書籍端末「Kindle」シリーズ向けにWikiLeaks文書に関する作品が有償販売されていることがネットユーザーに発見され、大騒ぎになっているとのこと。

 Amazon社は2週間前に、反対派の米国下院議員からの圧力でWikiLeaksサイトのホスティングを突然解除し、WikiLeakサポーターたちの報復攻撃にあっていた。そのさなかで今回の電子書籍が販売されていることが発覚したため、「Amazonはお金さえ儲かれば許すのか」とサポーター側/反対側の両陣営がAmazon社の批判を開始しているとのこと。

 なお、肝心の電子書籍はどうも個人作家が自費出版物としてAmazon上に登録したようで、“WikiLeaks文書”そのものはほとんど掲載されていない模様。Kindle上で発売した動機やその具体的な内容については不明。【hon.jp】n

問合せ先:Kindle上で販売中のWikiLeaks電子書籍( http://www.amazon.co.uk/WikiLeaks-documents-expose-foreign-conspiracies/dp/B004EEOLIU/ref=cm_cr_pr_product_top

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事