Googleのパソコン向けWebアプリ販売サイト「Chrome Web Store」、さっそく電子書籍アプリが複数登場

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Google社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の12月7日、同社が配布するWebブラウザ「Google Chrome」向けのアプリ販売サイト「Chrome Web Store」をオープン。さっそく多くの新聞アプリやゲームアプリに混じり、電子書籍アプリも複数登場している。

 Chrome Web Storeはパソコンユーザー向けにHTML5アプリを販売するためのECサイトで、米国内で12月7日にオープン。Webデザイナーは5ドルのデベロッパー登録料と売上の5%+30セントのレベニューシェア契約に同意するだけで、自分が作成したWebアプリを自由に販売できる。定期購読課金にも対応しており、ECシステムとして格安であるため、ゲーム大手や新聞大手がすでにアプリ登録を始めており、電子書籍アプリもすでにいくつか登場している。

 Chrome Web Storeはまだ米国向けとなっているが、来年には海外対応も予定されているとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:Chrome Web Storeでの電子書籍アプリの例( https://chrome.google.com/webstore/detail/beklbkdbbplkpebgaennmmbkeckmialo ※要:日本からはまだ購入不可 )

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事