米Apple社がついに電子書籍アプリ「iBooks」をiPhone対応に、国内ユーザーもダウンロード可

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】Apple社(本社:米国カリフォルニア州)は現地時間の6月21日、同社がiPadユーザー向けに提供している電子書籍アプリ「iBooks」をVersion 1.1にアップデートし、iPhoneにも正式対応した。

 iBooksアプリは、EPUB/PDF形式の電子書籍を閲覧するためのApple純正ビューワーアプリ。iTunesアカウントを使って書籍を購入したり、書棚に作品を溜め込んだり、指フリックでページめくりをしたり、文中の指定箇所をマーキングすることができる。サンプルEPUB英文電子書籍「Winnie the Pooh」(著:A.A.ミルヌ)も同梱。国内のiPhoneユーザーは、iPhone本体を同日公開された新OS「iOS4」にアップグレードすることで、ダウンロード可能になる。

 なお、iBooksは標準PDFビューワーとしても機能するため、メール添付のPDFファイルを受信した場合、そのまま直接iBooksを起動できるようになる。【hon.jp】n

問合せ先:iBooksアプリ公開ページ( http://itunes.apple.com/jp/app/ibooks/id364709193?mt=8 ※要iTunes)

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ