独Neofonie社、電子雑誌・電子新聞向けタブレット端末「WePad」を4月12日に発売、現地大手出版社も提携

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】電子出版システム開発などを手がけるNeofonie社(本社:ドイツ・ベルリン市)は現地時間の4月12日、電子雑誌・新聞向けタブレット端末「WePad」を4月12日に発売する。

 WePadは、米Apple社が今週発売するiPadの対抗機として発売されるもので、Google社のAndroid OSを搭載。iPadよりも画面サイズの大きい11.6インチのカラー液晶ディスプレイを採用し、重量は800グラム。価格は現時点では未定だが、独自の電子雑誌ビューワーソフト「WeMagazine」を標準搭載しており、ハイブリッドな読書端末として位置付けられる模様だ。

 なお、同社ではこのWePad発売に向け、独Bertelsmann系で欧州最大手の出版社であるGruner + Jahr社(本社:ドイツ・ハンブルグ市)ともコンテンツ提携を行なっている。【hon.jp】n

問合せ先:WePadのサイト( http://wepad.mobi/en

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /