紀伊國屋書店、研究者向けに海外の電子書籍の販売をスタート、まず17万タイトルから

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】株式会社紀伊國屋書店(本社:東京都目黒区)は3月1日、同社が運営していたECサービスサイト「紀伊國屋書店ウェブストア」の電子書籍販売コーナーにおいて、研究者向け洋書電子書籍の販売をスタートした。

 同社は2013年に、ECストア「BookWeb」、DVD/CDショッピングサイト「ForestPlus」、電子書籍サービス「Kinoppy」など複数ECサイトを「紀伊國屋書店ウェブストア」サイトに一本化。今回、取り扱い開始されたのは海外の研究者向け電子書籍で、Elsevier、John Wileyを含む合計17万タイトル。従来からの同社の電子書籍と同じように、「Kinoppy」アプリを利用し、PC/Mac・スマートフォン・タブレットで読めるが、とくに複数の書籍を同時に開いて参照できるPC/Mac版での閲覧をお勧めしている。【hon.jp】

問合せ先:紀伊國屋書店のプレスリリース( https://www.kinokuniya.co.jp/c/company/pressrelease/20170301130038.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ