中国市場に力を入れる米国の電子書籍流通会社Trajectory「検閲審査のため、発売まで3〜5年待ちの状態」

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Digital Book World」によると、中国市場の開拓に詳しい電子書籍流通会社Trajectory(本社:米国マサチューセッツ州)が、中国市場参入の有望性と困難さについて現状を報告している。

 Trajectory社は2013年創設にベンチャーで、独自の自然言語アルゴリズムで作品レコメンドデータを生成し、中国・欧米の主要な電子書籍ベンダーにそのデータを供給している流通ベンダー。直近では、Harry Potter中国語版の現地電子書籍ストア納品業務などを担当している。

 記事によると、中国はスマートフォンユーザーが9.13億人もいる超有望市場だが、中国政府の検閲審査待ちもあって、たとえ中国語翻訳版が完成しても、現地での作品発売まで3〜5年かかる現状を説明している。【hon.jp】

問合せ先:Digital Book Worldの記事( http://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/childrens/childrens-industry-news/article/72281-distributing-e-books-and-the-success-of-pottermore-in-china.html

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連コンテンツ