米O’Reilly、「Tools of Change for Publishing」コンファレンスを6月開催

《この記事は約 2 分で読めます》

 米国のIT専門出版社であるO’Reilly Media社(本社:米国カリフォルニア州)は6月18日〜20日の3日間、カリフォルニア州サンノゼ市内で次世代の出版技術をテーマにした「Tools of Change for Publishing」コンファレンスを開催する。

 Tools for Change in Publishingは出版関係者向けのコンファレンスで、電子出版やWebプロモーション技術などに関する講演やチュートリアルを中心に構成。“Web 2.0”用語の生みの親であるTim O’Reilly氏を始め、“ロングテール理論”で有名なChris Anderson氏、Adobe社CEOのBruce Chizen氏、Wikipedia創設者のJimmy Wales氏、電子書籍流通大手Ingram Digital GroupのJohn Ingram氏などそうそうたるメンバーが講演する予定。

 すでにオンライン参加登録が可能となっており、参加費は1545ドル(すべて込み)。

関連リンク

Tools for Change in Publishingコンファレンスの参加登録サイト(英文)

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: