ドイツ書店チェーン最大手「Weltbild」が破産、有望な売却先が見つからず

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】現地報道によると、ドイツ語圏の書店チェーン最大手Verlagsgruppe Weltbild社(本社:ドイツ・アウグスブルク市)が現地時間1月10日、経営再建のため地元裁判所に破産申請手続きを行なった模様。

 同社は「Weltbild」「Hugendubel」という書店ブランドでドイツ語圏に450店舗を展開しており、Eコマース事業や出版社なども運営していた。ネット販売の普及や米Amazon社のドイツ参入など出版業界の変化を受け、大株主であるドイツカトリック教会は数年前から売却先を探していたが、結局見つからず、昨年後半から資金繰りが悪化し、今回破産申請を選択したとのこと。

 グループ従業員は約6,000名以上で、今後管財人を通じ、各部門の売却など経営再建策を模索することになる。【hon.jp】

問合せ先:現地報道( http://www.sueddeutsche.de/muenchen/weltbild-pleite-hugendubel-fuerchtet-den-insolvenz-strudel-1.1861202

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: