電子文具メーカーのキングジム、電子書籍販売モールサイト「wook」事業を取得、電子書籍市場へ参入

【編集部記事】「テプラ」「ポメラ」などで有名な電子文具メーカーの株式会社キングジム(本社:東京都千代田区)は6月4日、株式会社ドリームネッツ(本社:広島県福山市)が運営する電子書籍販売プラットフォーム「wook」事業を7月1日付けで取得し、電子書籍市場に参入することを発表した。

 wookは2010年に設立された電子書籍販売サイトで、個人や出版社が自分専用の電子書籍販売ストアを運営できるCMSプラットフォーム。PCやiPhone・iPad・Android向けにEPUB/PDF電子書籍ファイルが配信可能で、中国地方を中心に547以上の出店者数を抱えている。

 キングジムでは、今回の事業取得により、同社ならではの新サービスの展開も視野に入れ、より多くの会員獲得を目指す。【hon.jp】

問合せ先:キングジムのプレスリリース( http://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_17226