米Barnes & Noble社、電子書籍端末「Nook」シリーズのファームウェアv.1.5を11月末にリリース予定

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米書店チェーン最大手のBarnes & Noble社(本社:米国ニューヨーク州)は11月末に、同社が販売する電子書籍端末「Nook」シリーズの大幅ファームウェア・アップデートを実施する。

 1年前のNook発売後初のメジャーアップデートとなる今回のアップデートでファームウェアバージョンは「1.5」となる予定で、Nook 3GとNook WiFiのページめくり機能を大幅に高速化。検索機能も強化され、蔵書管理、パスワード保護、ライバルKindleシリーズで提供されているようなしおり同期機能も搭載されるとのこと。

 ちなみにNookシリーズはOSとしてAndroidを採用しており分解も容易なため、現地では自力でOSを改造するファンコミュニティなども存在する。【hon.jp】n

問合せ先:Barnes & Noble社の発表( http://bit.ly/aH1egV

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。