ドイツ国内で発売される新刊書のうち約1/3が電子書籍版でも提供、現地の出版社協会が発表

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】ドイツの出版社団体であるBoersenverein des Deutschen Buchhandels(本部:ドイツ・フランクフルト市)は現地時間の10月6日、ドイツの出版各社に対して行なった電子書籍出版に関するアンケートの結果を発表した。

 同アンケート調査は現在現地で開催中のフランクフルト国際ブックフェアに先駆けて行なわれたもので、調査の対象となったのは80社のドイツ国内の出版社。調査の結果、国内全体の電子書籍の年間売上高はまだ1億ユーロ(約114億円)未満であるものの、今年Apple社のiPadが発売されたこともあり、すでに新刊書の約1/3が電子書籍版も提供されるというペースになっているとのこと。【hon.jp】n

問合せ先:Boersenverein des Deutschen Buchhandelsの発表( http://www.boersenverein.de/de/portal/index.html?meldung_id=400012

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: