MITのビジネススクールがレポート「デジタル時代に対応し切れていない会社では、キーパーソンの流出が増える傾向あり」

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米Talking New Mediaによると、マサチューセッツ工科大学(本部:米国マサチューセッツ州、以後:MIT)のビジネススクールが、デジタル時代への移行に向けた組織運営アプローチをまとめた無料PDFレポート「Alignig The Organization For Its Digital Future」を公開したとのこと。

 同レポートは企業アンケート調査を元にまとめられており、返答社の9割が「デジタル時代の到来は経営面で多大な影響がある」と返答しつつも、44%が「対応し切れていない」と答えているとのこと。対応しきれない主な理由は、予算配分、知識を持った経営スタッフ・社員の確保が困難となっていることなど。そのような企業ほど、短期間でキーパーソンとなるはずであった経営スタッフ・社員の流出が増えている傾向があるとしている。

 記事では、90年代以降の米国の新聞・出版業界がまさに後者に当てはまるとし、デジタル部門スタッフから先にレイオフするなど、同じ経営ミスを現在も繰り返しているとしている。【hon.jp】

問合せ先:Talking New Mediaの記事( http://www.talkingnewmedia.com/2016/07/26/study-looks-at-digital-disruption-in-business-a-problem-publishers-should-be-all-too-familiar-with/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。