出版権取引所ベンチャーの英IPR License、米Wiley・英Cambridge University Press等も参加開始したことを発表

[この記事を読むのに必要な時間は約 1 分です。]

【編集部記事】米国の電子書籍ニュースサイト「Digital Book World」によると、英国の出版権取引所ベンチャーIPR License(本社:英国ロンドン市)の取引メンバーとして、米Wiley・英Cambridge University Press・英Informaなど学術出版大手も参加を開始したと発表した。

 IPR Licenseは、出版エージェント同士で電子書籍・紙書籍の出版権などを取引するためのB2Bサイトで、2012年に設立。昨年5月からはFrankfurt Book Fair事務局と提携し、同カンファレンスから出展社向けの専用コーナー「TradeRights」を開設。出版3社はまずそのTradeRightsプラットフォーム上での権利取引に参加するとのこと。【hon.jp】

問合せ先:Digital Book Worldの記事( http://www.digitalbookworld.com/2016/ipr-license-announces-three-key-stm-partnerships/

渡辺由佳里×藤井太洋

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。