「縦書きWebデザインアワード」コンテスト、年明け1月から作品を一般募集

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会(以後:縦書きWeb普及委員会)は11月13日、Webでの日本語縦書きを推進するコンテスト「縦書きWebデザインアワード」を開催すると発表した。

 Webでの縦書きは最新のWebブラウザ上でCSS Writing Modes(文章の縦・横方向を指定するCSSモジュール)によって実現されるもので、年明け2016年1月から制作作品のURLを募集する。「自由部門」「課題部門」「高校生以下の部」の3部門があり、3月に表彰式が行なわれる予定。

 審査委員はW3C/慶應義塾大学・中村修氏、Mozilla Japan代表理事・瀧田佐登子氏など5名。【hon.jp】

問合せ先:「縦書きWebデザインアワード」コンテスト概要( http://tategaki.github.io/awards/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告