松下電器、新・読書端末「Words Gear(ワーズギア)」を発表

《この記事は約 2 分で読めます》

 松下電器産業株式会社パナソニック システムソリューションズ社(本社:神奈川県横浜市)は9月26日、同社が年内発売を予定している読書専用端末「Words Gear」の発表会を行った。

 このWords Gearは、同社が現在販売している読書専用端末「Σbook」の後継製品となるもので、Σbookユーザーからのフィードバックを元にハードウェアを大幅改良。本体サイズを文庫サイズにまで縮小し、ディスプレイもフルカラーのバックライト付きTFT液晶(1,024×600)を搭載、音楽やビデオも再生できるようになった。

 また、読書のページフリップ等の動作のために独自のE型センサーを本体横に設置し、実質“ボタンレス”でのオペレーションを可能としている。ネットワーク通信機能はないが、電子書籍のダウンロードはUSB接続されたPCもしくはSDメモリーカードを使って行われる。

 発売日などの詳細はまだ未定であるものの、11月中が想定されており、本体価格も4万円前後に収めたいとのこと。

 なお、記者会見では、本機向けのコンテンツ販売を行うために角川モバイル・TBSとの共同出資会社「ワーズギア株式会社」の設立も発表されており、現在松下が運営する電子書籍販売サイト「Σbook.jp」も10月2日付けで「最強☆読書生活」に名称変更されることが明らかとなっている。

【関連サイト】
松下電器産業の「Words Gear」紹介サイト(プレオープン中)
http://saidoku.com/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / / /