ドイツ、2014年の出版社による電子書籍DRM利用率は44%、今年はさらに減少する見込み

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Frankfurt Book Fair事務局の英語圏向け出版ニュースサイト「Publishing Perspectives」によると、2014年の出版社による電子書籍DRM利用率は44%で、今年はさらに減少する見込みとの事。

 これはドイツの出版社団体であるBoersenverein des Deutschen Buchhandels(本部:ドイツ・フランクフルト市)が毎年発表している数値で、2013年は55%だったDRM利用率が、1年間で44%に大幅減。

 今年に入り、大手出版グループGeorg von Holtzbrinck(本社:独バーデンヴュルテンベルク州)など複数社がDRMフリー宣言をしているため、今年の数値はさらに減少する見込みだ。【hon.jp】

問合せ先:Publishing Pespectivesの記事( http://publishingperspectives.com/2015/07/drm-a-model-of-the-past/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。

関連記事