少年画報社×コミックシーモア 特大コラボキャンペーン!〜少年画報社 48時間限定【全作品無料!】&20%還元キャンペーン!!〜

noteで書く

《この記事は約 4 分で読めます》

平成27年に創立70周年を迎える株式会社 少年画報社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:戸田 利吉郎、以下 少年画報社)とエヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:苫名 明、以下 NTT ソルマーレ)が提供する「コミックシーモア」が連携し、48時間限定で1,300冊以上のコミックが無料で読める「少年画報社 48時間限定【全作品無料!】キャンペーン」を平成27年5月30日(土)より開催します。
また、当キャンペーン期間中に少年画報社の作品をお買い上げいただいた方には購入金額の20%分のポイントを還元するキャンペーンも同時に開催いたします。
このまたとない機会にできる限り多くの名作コミックをお楽しみください。

1.少年画報社 48時間限定【全作品無料!】&20%還元キャンペーン

■概要
期間中、少年画報社全作品(1,300冊以上)を無料でお読みいただけます。
多数の大人気メディア化コミックを始め、人気雑誌「ヤングキング」や「ヤングキングアワーズ」、「ねこぱんち」なども含めた少年画報社様の全作品が【48時間限定】無料でお読みいただけます。
※本キャンペーンは巻作品が対象です。話作品は対象外となります。
※一部、巻作品が対象外となる場合もあります。詳細は作品画面でご確認ください。

■キャンペーン期間
平成27年5月30日(土)AM0:00〜平成27年5月31日(日)23:59
■キャンペーン特設ページ
http://www.cmoa.jp/special/?page_id=150530_allgaho

2.電子書籍配信サイト「コミックシーモア」サービス概要
■ 主な特徴
 ①国内最大級の電子コミック・電子書籍配信サイト
  2014年8月16日に10周年を迎えました。
  創設日である8月16日は電子コミックの日に認定されています。
 ②取扱い冊数23万冊以上の充実の品ぞろえ
  コミックは11万冊以上を配信しており、国内最大級の配信ボリュームとなっています。
  コミックに限らず小説・文芸、ビジネス・実用書、ライトノベルを取り揃えています。
 ③「レンタル」「読み放題」など多様なサービスを展開
  電子書籍購入の他に、閲覧期間を限定(2泊3日)し、安価で提供する「シーモアレンタル」
  定額の月額料金で厳選タイトル読み放題の「シーモア読み放題」を提供中です。
 ④業界最大級となる38万件以上のお客様レビュー
 ⑤対応端末(スマートフォン/タブレット/PC)でマルチデバイス利用が可能
 ⑥毎月大量のキャンペーンを実施。無料作品も多数提供
  -無料作品600冊以上を常時提供。180本以上の特集・キャンペーンを実施(2015年5月実績)
■ サイトURL
  http://www.cmoa.jp
3.エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社について
NTTソルマーレは、「エンターテイメントを通じ人の心を豊かにする」ことを目標とし、国内最大級の電子書籍サービスの1つである「コミックシーモア」の運営、および、恋愛ゲーム「Shall we date?」シリーズを中心としたエンターテイメントサービスを提供しています。

【主な事業】
■電子書籍配信事業
  国内最大級の電子書籍配信サイト「コミックシーモア」(http://www.cmoa.jp)の運営
  事業者向けコミック読み放題サービス「シーモアBOOKSPOT」の提供
  デジタル出版を牽引するオリジナルブランド「ソルマーレ編集部」の展開

■恋愛ゲーム配信事業
 世界中のお客様に最高の恋愛体験をお届けする恋愛シミュレーションゲームアプリ
「Shall we date?」シリーズの提供・運営
公式サイト(英語):http://www.nttsolmare.com/shallwedate/
________________________________________

<本件に関するお問い合わせ先>
●エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社
 コミック事業部 石井、五島
 連絡先:06-6228-8861
e-mail:info@nttsolmare.com
以上n

問合せ先:http://www.nttsolmare.com/press/2015/0529.html

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連コンテンツ