教育的な効用はどちらのほうが高い? 教師が作る電子書籍 vs. 生徒が作る電子書籍

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

【編集部記事】iPad向け電子書籍オーサリングアプリ「Book Creator」を販売する英アプリデベロッパーRed Jumper Studios社(本社:英国サマセット州)の公式ブログが、教育現場での電子書籍オーサリングについてTwitterで始まった一風変わった議論を紹介している。

 Book CreatorアプリはiPadを導入した教育現場で人気の高いアプリの1つで、生徒が簡単に絵本から複雑なマルチメディアEPUB3電子書籍を簡単なUIで制作できるようにするもの。一方、Apple社(本社:米国カリフォルニア州)のiBooks Authorも人気の高い類似ソフトではあるが、どちらかというと教師用である。

 Twitter上での議論テーマは今まであまり議論されていなかった「教師が作る電子書籍vs.生徒が作る電子書籍」というもので、比較的新しいこの分野も着実に成長・セグメント化しつつあるのがわかる。【hon.jp】

問合せ先:Red Jumper Studiosのブログ記事( http://www.redjumper.net/blog/2015/05/ibooks-author-vs-book-creator/

HON.jp 個人協賛/企業協賛募集中! 特典など詳細はこちら

スポンサードリンク

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事